割り切りや援交の出会いで恐喝される事件

ゲイのための出会い系サイト入門

無料掲示板で起こるゲイの恐喝と援交の実態

ゲイにも援助交際はありますが、18歳未満の未成年と関係をもつことの危険性と、無料掲示板を利用する危険性をお伝えします。未成年との関係は恐喝ネタにもされかねませんので、絶対にやめておいてください。

 

実際にあった事例としても、

 

ゲイの援交での恐喝事例はあります。

 

親が脅迫者であったり、バックにグルの別の大人がいる事もありえます。

 

では、それを警察に相談しに行ったら・・・。

 

関係をもった相手が高校を卒業した18歳以上であるならば自分は助かりますが、実際に18歳未満の年齢であったならば、自分も青少年育成条例なんかに引っかかって共倒れですね。

 

 

恐喝者はその心理を突いてきます。

 

 

厳密というか通称でには援助交際は18歳以下との未成年との関係で、それ以上の年齢であれば割り切りやサポありという呼称が使われます。

 

では実際にどういった感じでのやり取りがおこなわれているかってところですが、日本の国会議員も援助交際に近い事をしているようですね。ばっちりと。

 

ある意味では心強いんですけどね。

 

でも我々の苦労して働いた税金で援助交際のような事をされてもね・・・。週刊誌の記事がベースですが、普通にヤフーニュースとかでも取り上げられています。

 

 

これしか出会いがなくてって・・・。

 

いやいや、東京なら無料登録して無料ポイントでパートナーを探して、その後は必要ならポイントを購入すればいい、同性愛掲示板が用意されたPCMAXがあるわけじゃないですか。

 

この国会議員は若くて長身な男の子を性奴隷にしたいとかいう欲望があったみたいですけど。

 

出会い系サイトはまれにテレビやネットニュースで取り上げられることがあります。未成年との援助交際が問題となったり、お金絡みのトラブルで事件が起こった場合に報道されることがあるわけす。

 

援交がどれくらい危険なものなのか、どうやってばれるのかなどの実態や、割り切りの出会についての実際起きた事件について紹介しておきます。

 

そしてゲイの世界にも恐喝的な事件が起こり得るのです。

 

信頼できないサイトや無料の掲示板なんかを使っていると援助交際ではなくて、青少年保護育成条例などに絡んで恐喝をしてくるクズのような人間がいるのです。

 

援助交際

年齢認証がある法律にのっとった優良な出会い系サイトでは18歳以下の未成年とお金のやり取りが発生する援助交際は存在しません。

 

ですが、年齢認証が義務付けられた後も、割り切り、サポありといった個人売春がおこなわれていますし、法令に対応していない出会い系とは違う無料で出会いを探せる危険な掲示板なんかのコミュニティサイトでは援交が存在します。

 

信じられない話ですが援助交際の低年齢化に伴って、小学生も手を出しているとの報道がありました。産婦人科の医師がテレビに出ていたので本当だと思います。

 

もちろん男性側にも責任があるのですが、未成年の女性側がお金欲しさに自分が望んでやっている事が何一つ罪にならなければこういった行為も後をたたないですよね。厳重注意と言ってもこういった事をする人はお金欲しさに別の悪い事もするかもしれないですからね。

 

必要と欲しいは別のはなしです。

 

過去には援交を仕掛けた女子高生側が複数で男性側の財布からお金を抜き取る行為をしたり、逆に社会経験の足りない無知な女子高生を騙す男性などお互い様で存在していました。

 

この援助交際が問題となって出会い系サイト規制法が制定され、電話番号認証が取り入れられたり、年齢認証が義務付けられたのです。

 

そういえば、バブルの頃は発展途上国に未成年買春ツアーみたいなのがありましたね・・・。日本人も今の世の中では考えられないやってはいけないゲスい事をしてましたね。

 

ゲイも気を付けないといけない恐喝

無料のゲイ掲示板なんかを使っていると悪質な恐喝にあってしまう可能性があります。年齢認証がないので、最初は20歳と話が進んで、行為をした後に実は高校生ですとかの電話がかかってきて、共犯の親やバックにいる恐喝専門の詐欺師から脅迫されるというパターンです。

 

18歳未満の男の子と関係をもつと青少年保護育成条例にひっかかるために警察に行くなどと白々しく脅してきます。この場合は放置するのが一番です。

 

一度でも脅しに屈してお金を払ってしまうと、いつまでも脅迫は続きます。そしてお金が底をつき、どうしようもなくなって結局自分で警察に相談することになります。

 

そうなるとお金は絶対に戻ってきません。

 

そもそも本当に18歳未満かどうかは警察に事件として調べてもらわないとわからないわけで、嘘をついている可能性もあるわけです。必ず先に警察や弁護士に相談してください。

 

そして年齢が確認できなくて援助交際(援交)に伴うリスクが発生するような事は絶対にやめてください。無料の怪しい掲示板は掲示板の運営者自体が個人情報を収集するための犯罪者である可能性もあります。

 

無料で掲示板としては普通に使えても、そこに掲載される広告が脱法的な詐欺に誘導する広告であったり、掲示板でやり取りする相手が同性愛の人をおとしいれたり個人情報を集めている詐欺師である危険があるわけです。

 

ノンケの援助交際がバレる理由

ゲイにも援交は存在している事は知っていただけたとおもいますので、ノンケであったりバイの人が援交で陥っている罠を紹介しておきます。

 

ちなみに合意の上での行為なのに何でバレてしまうの?っていう疑問もあるかと思います。これは色々なパターンがありますが、本人の意思とは関係なくバレることがあるので対策はできません。バレる原因は必ず女側というか、未成年側にあります。当然ですけどね・・・。

 

パターン1

まず一つ目は親が携帯をチェックしてばれる場合。確かに変に高価なバッグや洋服を持っていたら子供を問い詰めますよね。そして携帯チェック。子供をしかるだけでなく、警察まで通報する親がいるわけです。そうなると通話履歴やメール履歴などから今までの相手が一網打尽になります。怖いですね。

 

パターン2

2つ目は援助交際の相手が万引きや傷害などで別件逮捕された場合に、援交をカミングアウトするパターン。自らカミングアウトするのか、取り調べでいろいろ問いただされてカミングアウトするのかは不明ですが、素行が悪い人間はかなりの確率で補導されてそこからバレるわけです。マジかよって話ですね。

 

パターン3

ちなみに逮捕された上に、かかわったことに大きく罪の意識を感じるパターンもあります。大人に脅されて援交をさせられている場合や、不良やヤンキーといったクズに無理やり援交をさせられているような場合です。これは本人同士の合意でなく、恐喝犯罪者との合意で関係を持ってしまったという後味の悪い最悪なパターンです。

 

同様に金銭目的のノンケの男子高生であっても、ゲイの男子高生であっても同じような事をすると、同じような罠にはまります。

 

 

ゲイのパートナー探しですが、登録はふつうに無料でした後に、ご近所でパートナーの候補を探すための出会い系サイトとして、ワクワクメールだってありますよね。

 

ちなみに逮捕されると、取り調べで拘束されるので会社を無断欠勤することになり、クビになる可能性がかなり高いです。実名報道されるかどうかは警察発表と報道機関の時と場合の状況による運ですが、運が悪ければ社会的にも制裁を受けて、会社にばれるとほぼ間違いなくクビでしょう。

 

僕が紹介している優良な運営会社では年齢認証の仕組みがあるため、こういった失敗をすることはまずありませんが、自らの身を滅ぼす行為なので援交だけは絶対してはいけません。

 

割り切りの出会い

出会い系サイトは割り切りやサポありの出会いというのが存在しています。相手と関係をもつにあたって金銭を要求するといったもので、出会い系サイトでは堅く禁止されている行為ですが、見て見ぬふりをして容認しているところも存在し、なかなかなくならないようです。

 

個人売春に近いものなのですが、ゲイの場合は買春の定義からは完全にはずれるので逮捕されることはありません。ただし18歳未満と行為をすると青少年保護育成条例などに引っかかって逮捕される可能性があります。

 

ノンケの場合の女性との割り切り行為も被害者のいない犯罪行為という事で逮捕されることはまずありません。まれにニュースになっているのは個人ではなく、強制的に買春をさせたり、違法な管理売春といった悪質なものが逮捕者を出してニュースに取り上げられているのです。

 

池袋のラブホテル変死事件

ノンケの割り切りの出会いで起きた事件です。

 

出会い系カフェで知り合った男が22歳女子大生殺人容疑で逮捕されるという事件がありました。

 

男性は7万円を用意してデート費用や割り切り費用、ホテル代などに6万円弱を使い財布には1万円以上残っている状態のはずでしたが、確認すると1万円札が無くなっていたのです。そのことを女子大生に問いただすと、(警察に調べてもらおうみたいなことを言ったようです)

 

実名報道されている女子大生は

 

「そんなことしたら、無理やり連れ込まれてレイプされたって言ってやる」

 

と発言したそうです。

 

出頭に付き添った知人男性によると、容疑者の男性は知人男性に「財布にあるはずの現金がなくなり、女性とトラブルになった。気付いたら首を絞めていた」と説明したという事らしいです。

 

こういった時にテレビの報道は自費で学費を払う学生が出会い系のカフェを利用して殺害されたといった偏向報道をおこないます。故人を悪く言うのは、はばかれるというのもあるのですがマスコミは編集作業などによって、常にねつ造や偏向報道を繰り返してきました。もちろん全てのニュースや事件ではないですけどね。

 

こういった事例でもテレビメディアや新聞は、まるで出会い系カフェや出会い系サイトが悪いといった印象を与えるような報道をするのですが、実際のところは楽してお金を稼ぐために個人買春をしていた女子大学生が、強盗をしたうえに、そのことを指摘されて問い詰められると、ありもしないレイプを訴えると脅迫してそれが原因で殺害されたというオチなんですね。

 

正直何の同情もできないですね。むしろ・・・。本当にかわいそうなのは加害者です。

 

ゲイの出会いが見つけれるハッピーメールなら安心で安全です。

 

人間関係でトラブルになる原因はお金と愛情が主な原因です。お金でトラブルになるような割り切りやサポあり目的での出会い系サイト利用はやめたほうがいいでしょう。まれにノンケがお金を求めて割り切りの出会いをしようとしたりしてますが、トラブルのもとです。

 

お金を払うのであれば売り専バーやハッテン場を使えばいいのです。変にトラブルに巻き込まれることもないわけですから。

 

最後にもう一度繰り返しますが・・・

 

援助交際(援交)はしてはいけません!

 

買春疑惑以外にも株に関しての疑惑が報道されている国会議員は出会いがないと嘆いているのに、使っていなかった安全な出会い系サイトをチェック。

 

こちらから→ゲイが本当の出会いを探せる出会い系サイト

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

この記事の関連ページ

ゲイにとって大切な性病に関しての知識
出会い系サイトやハッテン場を利用するゲイにとっては性病についての知識は必ず持っておいた方がよいです。自分はきっちりと性病に対して気を使っていても相手も同じとは限らないからです。エイズの感染にも注意が必要です。
ゲイにも出会いのチャンスが増える時期
ゲイが安全に利用できるノンケ用の出会い系サイトでの同性愛掲示板を使っていると1年中出会いのチャンスがあります。でも季節や時期で出会える確率が上がる事があるんです。ゲイにとっても一人はさみしいクリスマス前やお正月なんかはとくにそれがあてはまります。
完全無料のゲイ出会い系サイトや掲示板
ゲイ専用の完全無料の出会い系サイトや掲示板も存在しています。そこで出会いを見つけている人もいないわけではありません。ただ、いろいろと注意しておかないといけない事や、出来るなら近づかない方がよい事を理解してください。
ゲイが利用するハッテン場での出会い
ゲイが出会いや身体の関係をもつ方法の一つにハッテン場というものがあります。アナルセックスやフェラなどの関係をその場で持つ事ができる可能性ある場所で、風俗や出会い系サイトの中間的なイメージがある所です。
ゲイを否定する海老名市議の同性愛者への差別発言
政治家の問題発言というのは、なかなか無くならないですし、考え方が痛い人間が多いのでしょう。海老名市議の同性愛者への差別発言がツイッター上でつぶやかれました。ゲイの人達は怒ったり哀しみそして嘆いています。

サイトマップ
まずはじめに 安全な出会える系 管理人について 出会いに関するコラム