ツイッターで同性愛者は異常動物と発言

ゲイのための出会い系サイト入門

ツイッターで同性愛者への差別発言

またもやツイッターがバカッターと呼ばれる事になる問題発言が飛び出しました。

 

神奈川県海老名市の鶴指眞澄市議会議員(発言当時71歳)のツイッター上での発言です。

 

「マスコミの責任感のない記事掲載が問題だ」

 

「同性愛者は異常動物」

 

「異常人間が多くなれば人類の破滅」

 

「生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ!」

 

一部の抜粋ですが、別にマスゴミのように発言を切り抜いて事実を歪曲するつもりはありません。

 

芸能界のクリス松村さんや同性愛者であることをカミングアウトしている大阪府の「なんもり法律事務所」の吉田昌史弁護士が怒りの声を上げています。

 

当然、カミングアウトしている人は怒りの声を上げる人もいるのでしょうが、カミングアウトしてない人であれば心の中で怒りや悲しみを叫ぶしかないのです・・・。

 

この件で僕が思ったのは日本の政治の老害無能腐敗は後何年続くのだろうかな・・・。なんて想いがあります。

 

政治だけに限らず、大企業や公務員、独立行政法人などの既得権益の腐敗ぶりや無能ぶりはもしかして永久になくならないのだろうかな、なんて思わずにはいられません。

 

鶴指眞澄市議は一体何をいいたかったのか・・・。

 

自分に潜む何かのコンプレックスを誰かに当たり散らしたかったのか・・・。いろいろと分析したり、僕が感じたことを記事にしてみたいと思います。

 

まず、思想はほぼ全ての人にとって自由な権利です。でもそれを強制しようとしたり、自分の思想を発言したりする時に悪い事をしていない誰かに迷惑をかける事はまずいわけです。

 

どうもこの市議はマスコミが同性愛者の人を持ち上げて報道するのが気に入らなかったようです。

 

攻撃したかったのはマスゴミなのか同性愛者の人達なのか・・・。

 

マスゴミが今までにねつ造や偏向報道でひたすら事実を捻じ曲げたり、公平性に欠く報道を続けてきたわけですし、そしてそれは今も続いているのは確かなのでしょうが、マスコミを批判するにしても、無関係なゲイの人達が怒り哀しむような発言は許されるわけもないはずです。

 

日本テレビの取材に対して「酒に酔ってふざけて書いた。軽はずみで書いてしまったことで(議員を)辞任するつもりはない」「普段(同性愛について)深く考えてもいない。ツイッターで書いたような考えは持っていない」と答えています。

 

というのが本当なら、どちらかというとマスコミを批判したかったのですかね。ま〜政治家は記憶にないとか、嘘が本当に多い発言をするので本当の事はわかりませんが・・・。

 

徹底的な取材や調査をしないと仮説にすらたどり着けません・・・。

 

マスコミがマスゴミであるという部分を言いたいのであれば、その汚いやり口や意味不明な報道の矛盾や不備をつけばいいわけで・・・。

 

ちなみに僕もメディアはあまり好ましく思ってはいません。ただマスコミもチャリティとかで人の役に立つこともしています。それが例え偽善であろうとも救われた人は多いでしょう。

 

ですのでマスコミの全てを否定するつもりはありません。

 

市議が発言した「同性愛者は異常動物」という言葉をきいてふと僕の中で思い出した記憶を分析してみようかなと思います。

 

人類や生物は突然変異という遺伝子の異常から進化してきているわけです。

 

以前何かの記事で遺伝子の染色体の話を思い出したんですね。女性はYYで男性はXYという事なんですが、そもそもが男性自体が女性遺伝子の突然変異というか異常によって生まれているみたいな事を読んだような・・・。

 

単なる思い違いかもしれない記憶です。この記事を書くにあたって調べなおしてもよかったのですが、時間がないので思った事だけを記載します。

 

であれば、もともと男性は女性要素を遺伝子レベルで持っている・・・。

 

という事は同性同士が惹かれあうのは遺伝子レベルでは正常というか・・・科学的根拠があるんじゃないのかなとふと思ったんですね。

 

これはふと思っただけの事なんで、そもそも記憶違いかもしれないし、論理的に速攻で論破される考えかもしれません。

 

ちなみに同性愛は交配によって子孫を残すという生物がもつ摂理や本能には確かに逆らう事になるので、その事を何らかの意見としていうのは別にいいんじゃないのかなと思います。

 

 

もし時間があればもっと掘り下げて調べ上げて分析してみたいなと思えた内容です。

 

ちなみに僕は何でもかんでも差別だとかいうこじつけをする人もあまり好ましくは思っていません。人に迷惑をかけるダメな人間の考え方と似ているからです。

 

人間はいろいろな考え方があります。ただ僕が思う考え方というか方向性の一つに世の中がもう少しまともになればいいなとは思ったりしています。そのために何かできる事があればいいなと最近は歳のせいか考える事も増えています。

 

僕のサイトを監視して違法や脱法でリライトしているゴミクズの専業組織ってこういった分析記事までコピーするのかなw犯罪者みたいなヤツらのする事なんて何をしでかすか想像できませんけどね。笑。

 

あっちなみにプロフィールに書いてますが僕はノンケです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

この記事の関連ページ

ゲイにとって大切な性病に関しての知識
出会い系サイトやハッテン場を利用するゲイにとっては性病についての知識は必ず持っておいた方がよいです。自分はきっちりと性病に対して気を使っていても相手も同じとは限らないからです。エイズの感染にも注意が必要です。
ゲイも援交と割り切りの出会いは危険
ゲイの出会い系にも援助交際と割り切りという名の買春行為が存在しています。もっと危険なのは元々騙して恐喝するつもりでセックスをしてくるとんでもない犯罪者がいてます。援交や18歳以下の未成年との関係はとても危険なのでしない方がいいです。
ゲイにも出会いのチャンスが増える時期
ゲイが安全に利用できるノンケ用の出会い系サイトでの同性愛掲示板を使っていると1年中出会いのチャンスがあります。でも季節や時期で出会える確率が上がる事があるんです。ゲイにとっても一人はさみしいクリスマス前やお正月なんかはとくにそれがあてはまります。
完全無料のゲイ出会い系サイトや掲示板
ゲイ専用の完全無料の出会い系サイトや掲示板も存在しています。そこで出会いを見つけている人もいないわけではありません。ただ、いろいろと注意しておかないといけない事や、出来るなら近づかない方がよい事を理解してください。
ゲイが利用するハッテン場での出会い
ゲイが出会いや身体の関係をもつ方法の一つにハッテン場というものがあります。アナルセックスやフェラなどの関係をその場で持つ事ができる可能性ある場所で、風俗や出会い系サイトの中間的なイメージがある所です。

サイトマップ
まずはじめに 安全な出会える系 管理人について 出会いに関するコラム