ゲイはエイズなどの性病の知識がとても重要

ゲイのための出会い系サイト入門

ゲイは性病の危険性について理解が重要

普通にセックスなしの生活をしている限りは性病について考える事はまったく必要ありません。だけど、ハッテン場にいったり、売り専バーやゲイバーに通ったり、いざパートナーが出来た時の事を考えると性病についての、知識をつけておくことだけは絶対にしておいたほうがいいです。

 

そしてゲイにとっては性病はとても関心をもたないといけないことを理解してください。

 

一番怖いのはエイズです。そしてこのエイズ患者の割合で一番多いのが同性愛者のゲイです。粘膜の傷から感染するため一番感染の確率が高いのです。これは世界中でそういった傾向になっています。

 

アナルセックスでは激しい行為をすると、出血まではしなくても粘膜に傷ができるんですね。射精するとその傷から感染する可能性が高いということです。これがゲイのエイズ患者がノンケと比べて格段に数が多い理由なんです。

 

避妊をしなくてよいのもその理由の一つなんですね。

 

性病について

ゴム(コンドーム)を付ける意味は避妊だけでなく、性病予防にもつながるのはみんな知っています。でもゲイにとって避妊は不要なので、できればゴム(コンドーム)は付けないで楽しみたいと思うのが普通です。

 

ですが性病で一番怖いのはエイズです。これだけは絶対避けないといけません。ノンケやバイが生本番系の風俗は絶対に利用してはいけないのと同様、出会い系サイトでの初めて会った相手との生本番は絶対しない事を守り、コンドームを着用してください。

 

そうすればアナルセックスでのエイズは高い確率で防げます。

 

性交以外のフェラなどのオーラルセックスについては、性交よりは確率は低いものの、感染の可能性はあります。HIV感染症は精液、膣分泌液、血液、母乳から感染するからです。

 

関係をもつ相手がHIVに感染していて、舐める側の口内に傷があると危険性は出てきます。

 

舐められる側は危険はかなり低い。もちろん100%安全というわけではないはずです。唾液についてはバケツで何杯といった量を飲んだりすると危険性が出てくるようなので、キスだけでエイズになることは、ほぼないようです。

 

相手がHIV感染者で、自分の口内に傷があり、唾液をバケツで流し込まれると感染の可能性が出るといったところのようです。

 

エイズ以外にも淋病、梅毒、クラミジア、ヘルペスなどの性病があり、生本番しなければ後悔しないですむことはいろいろとあるので、初回からの生本番は絶対に避けておきましょう。

 

HIV感染症の初期症状

HIVに感染すると2週から8週間程度で、半数の人にHIV感染症の症状が出現するとされています。

 

38度以上の発熱

全身倦怠感

リンパ節腫大

咽頭炎

筋肉痛または関節痛

寝汗

下痢

頭痛

嘔吐

体重減少

 

初期症状は出る人もいれば出ない人もいて、数年の潜伏期間を経てエイズを発症することになります。もし身に覚えがあって、症状が出た後に、ずっと調子が悪いようであれば検査に行くべきでしょう。なお、検査については感染後3ヶ月経ってからでないと抗体ができずに陽性反応が出ないとの事なので、感染から最低2ヶ月は経ってから検査を受ける必要があるようです。

 

現在ではHIV感染症は、早期発見、早期治療で普通の生活が送れます。

 

 

もし信頼できるパートナーが出来た場合、ゴムなしでする際には3ヶ月はゴムを使って我慢し、二人で性病検査をしたうえでゴムなしを解禁するのが安心で安全です。


 

このあたりは、ウケとタチの関係やリバリバ同士の関係なんかでも変わってくるのかな〜と思います。僕には詳しくはわからない部分です。でも性病の知識とコンドームを付ける必要性は絶対に理解してほしいです。

 

自分のため、そして大切なパートナーができた時のためにも。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

この記事の関連ページ

ゲイも援交と割り切りの出会いは危険
ゲイの出会い系にも援助交際と割り切りという名の買春行為が存在しています。もっと危険なのは元々騙して恐喝するつもりでセックスをしてくるとんでもない犯罪者がいてます。援交や18歳以下の未成年との関係はとても危険なのでしない方がいいです。
ゲイにも出会いのチャンスが増える時期
ゲイが安全に利用できるノンケ用の出会い系サイトでの同性愛掲示板を使っていると1年中出会いのチャンスがあります。でも季節や時期で出会える確率が上がる事があるんです。ゲイにとっても一人はさみしいクリスマス前やお正月なんかはとくにそれがあてはまります。
完全無料のゲイ出会い系サイトや掲示板
ゲイ専用の完全無料の出会い系サイトや掲示板も存在しています。そこで出会いを見つけている人もいないわけではありません。ただ、いろいろと注意しておかないといけない事や、出来るなら近づかない方がよい事を理解してください。
ゲイが利用するハッテン場での出会い
ゲイが出会いや身体の関係をもつ方法の一つにハッテン場というものがあります。アナルセックスやフェラなどの関係をその場で持つ事ができる可能性ある場所で、風俗や出会い系サイトの中間的なイメージがある所です。
ゲイを否定する海老名市議の同性愛者への差別発言
政治家の問題発言というのは、なかなか無くならないですし、考え方が痛い人間が多いのでしょう。海老名市議の同性愛者への差別発言がツイッター上でつぶやかれました。ゲイの人達は怒ったり哀しみそして嘆いています。

サイトマップ
まずはじめに 安全な出会える系 管理人について 出会いに関するコラム