ゲイ専用の詐欺サイトの手口を知る

ゲイのための出会い系サイト入門

出会い系詐欺サイトがお金を巻き上げる手口

ワンクリック系詐欺の手口

エロ動画系のワンクリック詐欺と同様に出会い系のワンクリック系詐欺も存在しています。ワンクリックやツークリックで

 

「サイトに登録しました。○○以内に○万円振り込んでください」

 

などの画面が出て、架空請求を促すものです。これらは完全に無視してそれ以上の個人情報の流出を防ぐのが最良の手です。アダルト系のエロ動画サイトに広告を出している出会い系サイトなどは1クリック詐欺や2クリック詐欺サイトがよくありますので、注意が必要です。

 

ただ、引っかかる人がいるから広告が出されていて、そういった人は本当に出会いを求めているので、優良サイトも同様に広告を出す事もあるんですね・・・。そこが危険な無料動画サイトであったとしても・・・。

 

無料系出会い系詐欺サイトのだます手口

無料会員として登録した時点で、同じ運営会社の有料系サイトにも同時登録するのが常套手段で、有料サイトのほうからくるメールに返信などすると料金が発生してしまったりします。無料側のサイトにはあちこちに有料会員サイトへワンクリック登録されるようなリンクがあり、間違って押してしまうと料金が発生してしまったりするのが無料出会い系サイトの王道です。

 

他にも無料出会い系サイトにはメールアドレスを集めるためだけが目的で、実際に出会えることはない詐欺サイトも存在します。登録後にアダルト系のスパムメールが届いてうんざりすることになります。

 

個人情報を悪用してくる詐欺サイトは無料系によくあるパターンです。

 

後は、結局無料サイトなので、詐欺サイトへ誘導するための悪質業者がイケメンやお金持ちを装って、こっちのサイトでやりとりしないかなどと、意味の分からない事を言ってきたりします。それも常套手段なので、絶対に引っかからないでください。無料系は使うのがとても危険なんです。

 

被害の大きいポイント制

サクラを使う出会い系サイトにおける詐欺サイトの一番メジャーなパターンです。

 

詐欺目的のサイトで、1通300円や500円の高額な料金を取り、全員メールのやり取りをするサクラバイトは男であったり、女であったりします。多数のサクラバイトを雇ってあなたのポイントを消費させる手をあれやこれやと使ってきます。

 

本来はライバルが一番少なくなるパターンで、優良サイトを選べば一番会える確率が高くなるのもポイント制有料サイトです。

 

でも実際は探してみても詐欺サイトしかありませんでした。その詐欺サイトが運営している無料の出会い系サイトを見に行こうとすると、ウイルスチェックソフトが警告をだしてきました。

 

危険なサイトしかないという結果に

 

定額制の有料サイト

仮にサクラがいても金銭的に被害はありません。会員があまりにも少ない場合、会員が存在がいることをアピールする場合に少しはサクラがいる可能性は0とはいえません。

 

今、ゲイの出会い系サイトにこのタイプの安心できるサイトが無いのが、全てのゲイ専用出会い系サイトが詐欺サイトである一つの目安というか証拠なのかもしれません。本当に残念です。

 

予算的には一番安全なのが定額制の有料サイトですが、ゲイも安心して使えるサイトは見つけるのが難しいです

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

この記事の関連ページ

出会い系サイトの中の詐欺サイトを見破る方法
優良サイトのゲイ専用掲示板の広がりで、悪質なゲイ専用出会い系サイトはだいぶ淘汰されてきたかもしれませんが、まだまだゲイを騙すだけのゲイ専門詐欺サイトは存在します。
ゲイを騙す詐欺師のサクラを見破るために
ゲイを騙す詐欺サイトの見分け方がわかったら、詐欺師のサクラの見分け方も理解しておく方がよいですよね。きちんとしたサクラのいない優良サイトでも、自分が運営する詐欺サイトに誘導するために業者は入り込んでくる可能性は0ではありません。

サイトマップ
まずはじめに 安全な出会える系 管理人について 出会いに関するコラム