ゲイはラブホやホテルの入店を断られる事も

ゲイのための出会い系サイト入門

待ち合わせとその日にホテルへ誘うかどうか

会ったその日にセックスまでするかは、人それぞれですし、会ってからの雰囲気や状況にもよりますが、出会い系サイトを利用しての出会いなんで、当日に誘ったり、誘われたりすることはよくある話です。

 

ゲイの場合、セックスするのが普通と思っている人も多いらしいので、えっ今日しないの?と言われる事もあるようですね。これはおそらくハッテン場を利用している人が出会い系サイトを使った時の発想かなと思います。

 

あっでもノンケの僕もホテルは絶対に当日に誘いますけどね。てかその日誘わなかったらいつ誘うの?って感じですよね。もちろん会ってみて会話がはずまないし、誘いたいと思える相手でなかったら、普通にスル―というかおしゃべりだけして帰りますけどね。

 

しかもこれはノンケの男と女性の場合での事で、ゲイの場合はどちらが誘うかってのは悩ましいんじゃないのかなって思います。自分がウケだからって思っていても・・・相手はあまり経験がないかもしれないんだし・・・。

 

ノンケの場合は男が当日誘うのが鉄板です。ただ、真面目な彼女探しをしている場合はもっと時間をかけてもいいかもしれませんが、先にすませちゃってもいいと思うんですよね。人生の時間は限られています。

 

最低限、必要な手順は踏む必要があると思いますけど、別に先にすませちゃってから彼女になってもらうのだってありと思います。

 

でもゲイの場合にはどちらかが勇気を出して誘う必要があると思います。年上、経験、自分が相手とセックスしたいと思った方・・・。いろいろありますが、慣れるまでは度胸が試される事になると思います。

 

出会い系サイトを利用する流れに沿って連絡先の交換と写メの交換をすませていれば、実際に会う約束をするアポ取りになるわけです。メアドやラインなどの連絡先を交換しているので、それほど急ぐ必要もないわけですど、鉄は熱いうちにうてというか、メル友ゲットするために出会い系やっているわけではないので、早めに会う約束をとりつけるのがベストです。

 

約束と待ち合わせ

ま〜いきなりお互いに会いたいモード全開でメッセージのやり取りをしていれば、別ですが、普通は、「休みの日とか何しているの?」的なメールをきっかけにして「じゃ〜こんど会ってみる?」「今度一緒にご飯食べに行こう」的な風にもっていけば簡単ですよね。

 

相手からそれとなくこの日ヒマなんだけどな〜といったサインが出たらすかさず誘ってみましょう。誘われる方が気楽でであれば、自分から誘ってもらえるようにサインを出すのもありです。

 

これも既にエロメールでのやり取りをしているかどうかや、自分が出会い系に慣れてるか、相手が慣れているかなどで少し変わるんですよね。

 

ちょっとドキドキしながらも最終的に自分から誘えるのであれば、それはそれで問題ありません。最初はさすがに緊張する場合もあります。

 

 

とりあえず当たって砕けろの気持ちです

 

 

で、アポ取りが出来たら後は特攻をかけるだけ、写メ交換をしてなければデブは無理な人にとっては地雷ゲームになるわけですが、ま〜年齢差にもよりますけど、割り勘ですし、別にお茶代や食事代くらいあまり気にしないでもいいかと思います。

 

実際アポの当日に会う事が出来たら、声をかけてお茶か食事に誘ってみよう。ここまできたらミッションのほぼ全ては完了しかけているわけです。後はミッションコンプリートに向けての秒読み段階なので、しっかりとチャンスをつかんで欲しいところですね。

 

ラブホテルや自宅への誘い方とタイミング

ちょっといきなりセックスするような雰囲気は出来てなくて、ある程度まじめな感じでやり取りしている場合にも、基本は当日に誘うしかないので、ラブホの場所は確実に押さえておこう。これを押さえてないと、誘った後に段取りが悪くなるので下見くらいはしておいてもよいだろう。

 

ちなみにラブホの場所がわからないとなると、アタフタ慌てる羽目になるので絶対ラブホを使用する予定であれば、事前にゲイが入店できるかの確認と場所を抑えるのは必須ですね。ちょっと恥ずかしいかもしれないが、チャンスを逃すよりは断然まし。地方などで車アポの場合はカーナビがあればいくらでもなんとかなる。

 

ただ、この誘うっていう関門を乗り越えられないならセックスなんて絶対できないので、もしお互いがどっちも誘う事ができないなら、その時点で出会い系サイトを利用している意味がなくなっちゃいます。すぐ誘ってくる人もいるので、その場合は自分で選べばいいんですけどね。

 

後、ラブホに関してはゲイの入店を断ってくるところも多いですので、事前にどこでセックスするのかは考えておいた方がいいです。どちらかが一人暮らしでないと自宅は無理だし、カラオケ店とかはカメラあって、店員が止めに来たりもするので・・・。

 

会ってすぐにホテルに誘うパターン

既にエロメールでのやり取りをしていたら、会って即誘うなんてのもありありです。

 

そもそもが掲示板募集なんかでハメて欲しいとか、入れて欲しいウケ募集とかのコメントがある場合、すぐにホテルであったり自宅にゴーでもいいです。口だけでする約束をしていたら、ま〜どこかのトイレにという・・・ちょっとゲイ動画っぽいシチュエーションもありですけどね・・・。

 

でかいショッピングモールなんかは、声を出してしまって通報されて警備員とか来たら恥ずかしいのでやめておいた方がいいですね。

 

問題なくエロいやりとりがメールでできていた場合に限って言えばいきなりホテルや自宅に誘うのもありでしょ。出会い系初めてや、未経験の場合とかで、もっとまじめな付き合いを望んでる場合は、もっとしっかり仲良くなってからの告白からのセックスへの流れでもいいと思いますよ。

 

お茶や食事中に誘うパターン

何となくの雰囲気が出来上がったら、「この後ホテル行く?」「この後、部屋にくる?」と聞いてみればよいと思います。OKなら早々にお茶や食事は切り上げてホテルや自宅に直行すればオーケーです。

 

OK出てるのに飯食ってる場合じゃないでしょ。

 

飯食ってるとちょっと性欲が落ちますね。。。若い時はそうでもないですけどね。

 

帰り際に誘うパターン

どうにもホテルに誘うチャンスもつかみずらく、会話も微妙に盛り上がらず、このままだと帰るしかないなといった場合の帰り際に誘うパターン。これは断られるだけか、帰るだけになるので誘わない手はないですね。てかそのまま帰ってどうするのという感じです。

 

もちろんセックスしたいと思える相手の時だけだけど。とりあえず終わりにして早く帰りたいときは誘う必要なんてまったくないです。

 

誘うパターンはこんな感じでいいかと思いますね。

 

「それじゃ〜これから家くる?」

 

えっ?って顔されたらもうひと押しかふた押しくらいはしてもいいと思う。強引なのはよろしくないわけですど。

 

このあたりの駆け引きがノンケの僕にはやっぱりわかりずらくて・・・。汗。すいません。

 

「もしかしてセックスしたことないの?」としれっと言ってみたり、「俺の事あんまり気に入らなかった?」あたりでもう1チャンスくらいうかがってもいいと思います。絶対に行く気がなければ、さくっと断ってくるのでその場でわかれて帰るだけ。

 

迷っている場合はちょっと肩か腰あたりをさっと触れる感じで「行こうよ」と言ってみればま〜断られないでしょ。それでも駄目ぽいなら「じゃ〜帰るわ」的な感じで帰ればいいとおもいます。

 

とりあえず会うまでにかけた時間と苦労を考えるとチャンスは最大限いかさないといけないわけです。

 

ま〜どちらから誘うかって事になるわけですが、このホテルに誘う事が出来ない奥手な感じの人は本当に何とかしないといけませんよ。

 

 

だって路上でノンケにナンパして声をかけているわけではなく、出会い系サイトで出会うためにあっているのに、なぜ誘えないのかという話ですよね。


 

もしまだ一度も経験がないのであれば気持ちはわかりますが、乗り越えなければならない壁ってやつです。別に断られたって何一つ失うものはないんだから。相手が年上で経験が多い場合はリードしてもらえるし、逆にガツガツこられる事もあるから、ま〜まかせとけば問題ないでしょ。

 

相手から誘ってくる可能性もかなり高いですしね。

 

あまりに運が悪く、望まない相手とか、セックスまでいけないと、さすがに凹むわけですが・・・。経験を積むためにメンタルを鍛えると思えばよいと思いますよ。

 

ちなみに当日どうしてもOKにならなかったら、その後もなかなか厳しい時もありますが、男同士なのでもう一度会えるかメールしてみたらいいと思いますよ。

 

ホテルや自宅まで行けてセックスすればミッションコンプリートです。本サイトがお役にたてた事になる。

 

もし一人でも多くの人がこのサイトを参考に出会えたら僕もこのサイトを立ち上げてよかったと思えます。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

この記事の関連ページ

ゲイにとってプロフィール作成での押さえるべきポイント
同じ想いをもったゲイ仲間であっても出会い系サイトの中ではライバルになってしまう事があるんです。いかにそのライバルに押し勝つかはプロフィールにかかっているんです。慣れや経験も必要ですが、プロフィール作成は重要ですよ。
ゲイにとって出会い系サイトにプロフィール写真はのせるべきか
出会い系サイトは基本的に写真を載せる方が会える可能性は高くなりますし写真の交換が不要になったり、無駄なやり取りが省けるメリットがあります。なのでプロフィール写真を載せるかどうかは非常に重要なポイントですが、なんか気が引けるといった人もいると思います。
最初にメッセージをするきっかけと連絡先の交換
プロフィールが完成した後は、相手とコンタクトを取るために自分からアプローチしたり、アプロートしてもらう段階に進みます。なるべく早くメアド交換までできるようにするのかと、どれくらいメッセージを交換したらメアドを聞くのかを解説します。
写真を交換して心の準備をしてから待ち合わせる
連絡先を交換してメールのやりとりをしていると、後に実際会ってみようってことになります。そのために出会い系サイトを利用しているのですから。その際に写メを交換しておいた方がよいのかどうかと、待ち合わせするためのアプローチについて解説します。

サイトマップ
まずはじめに 安全な出会える系 管理人について 出会いに関するコラム