最初のコンタクトから連絡先交換まで

ゲイのための出会い系サイト入門

メッセージを交換して連絡先を交換するまで

出会い系サイトに登録が完了して、相手によい印象や興味を持ってもらえるプロフィールを準備万端に作り上げた後は、いよいよ出会い系サイトでゲイパートナーと出会うための出会い探し本番スタートです。

 

ここからは実際に自分が出会いたい相手を探して、その相手とメッセージを交換していくことになります。では実際にどうやって相手をさがすのかってところですが、

 

アプローチする方法は

 

プロフィールに同性愛チェックがある人を検索して気に入ればメッセージを送る

これができれば出会いの幅が広がるのですが、本サイトで紹介しているノンケ用の出会い系サイトでは、これができな仕様となっています。

 

同性愛掲示板の閲覧をして気になるコメントをしている相手にメッセージする

ゲイの場合はアダルトの掲示板の同性愛の項目しか相手を探せませんので、これが一番オーソドックスな相手の探し方となります。

 

自分が探している相手の特徴を同性愛掲示板に書き込みして相手からメッセージを待つ

自分のプロフィールを見てもらうには掲示板への書き込みをしないと、見てもらう事ができません。ですので書き込みをすして返事をまつという方法です。

 

この2つがパートナーを探す代表的なアプローチ方法です。

 

時間帯、自身の年齢、地域によって返信率というか、コミュニケーションを取り始めれる確率は大きく変わります。最初にメールがくれば絶対メールを返してくれるような相手であっても、30分前に二人ほどメールのやりとりをはじめちゃっていたら、もうメールは返ってこない事もあるわけですね。

 

最初に慣れるまではある程度の数での勝負が必要になりますし、複数サイトへの登録もできたらした方がいいですね。そして運の要素も絡んできますね。

 

後、やはり同じように複数サイトに登録している人もいると思うので、自らの積極的な書き込みは最初の内は1つのサイトでいいと思います。長い間、見つからないようであれば、そんな事を気にしているより、時間の方が大切なんで、登録している全てのサイトでの掲示板書き込みしてみてください。

 

アプローチするときの数

自分からアプローチにする時には興味がある相手が複数いた場合には一度に2人か3人くらいにメッセージしても大丈夫です。返信があるのは1人とかですので。それとその相手に何人の人がメールを送ったかが分かるようになっている場合が多いですが、その数は少なければ少ないほど返信をもらえるチャンスは増えます。

 

返信がきたメールのやり取りを続けるのは2人か3人くらいがちょうどいいです。あまりに多くなると、似たようなメールを2回おくったり、相手を間違ったりと絶対やってはいけない事をやってしまったりの失敗をしてしまうので、自分が対応できる範囲で失敗しないように対応しましょう。

 

それと、掲示板に書き込みをして、相手側からのアプローチを待つのも有効な手段です。時間帯と地域によって確率が大きく変わりますし、数をこなす必要があります。1日1回無料で書き込みができるサイトが多いので、何度もチャレンジしてください。プロフィールにウケやタチかを書いてない場合は書き込む際にしっかり書いてくださいね。
(こういった掲示板への書き込みの場合、2、3サイト登録しているとさらに確率が上がるってわかりますよね)

 

 

最初は無茶苦茶がんばって、考えた内容やメッセージを書いたり送ったりで神経をつかったりしますが、慣れてくればガンガンといけるようになります。別に返信がこなかったり、途中でメールが来なくなっても、次を探そう、そんじゃ次かな〜という感じになってくればベストです。ゲイにとって日常でそんなナンパ的なアプローチは絶対に無理ですが、出会い系サイトではそれなりに可能性がある相手にアプローチできるんですね。


 

メアドを聞くタイミング

何度かメッセージを交換したら、連絡先を聞く頃合いになってきます。いつまでもポイントを使っていても、何もはじまりませんし、会う気があまりない相手かもしれません。

 

大体メールの回数にすると、5〜10回を目安にしちゃってもいいと思います。ぶっちゃけいうと男同士ですし、気軽に話せそうなら3〜5回目でもラインIDの交換とかしてもいいと思いますよ。

 

ちなみにメールを受けたら、返さないと悪いと思って返してくれる律儀な人もいるわけで・・・そんな相手とメールを続けていても会えないわけなんで・・・。早めにメアド交換した方がいいですよね。

 

会う約束をしてからメアドを聞くという方法もありますが、最終的にメールで仲良くなったら会う気がある相手であれば、ちょっと早めにお願いしてみても連絡先を交換してくれます。ちなみにメアドを交換せずに会う約束をしてもほぼドタキャンというか、そもそも絶対にきません。
(ま〜これは詐欺サイトのさくらの場合ですが・・・後、有料でメールのやり取りしてるので冷やかしもないわけですが、なんか勇気がとかいうタイプの人はメアド交換しとかないとこないとか考えられますので・・・)

 

ま〜基本は会う気があまりないのでメアドを交換しないんです。電話番号認証と年齢認証があるので、ネカマのイタズラ、未成年のイタズラはないとはいえ、無駄な時間を使ってイライラするのを考えると早めにメアド交換をした方が絶対に効率的なんです。

 

「とりあえずメールアドレス交換しませんか?」
「メッセージするためのポイントがもったいないし、よかったらメアド教えてくれませんか?」

 

サイト内で会う約束を取り付けたら、

 

「それじゃメールアドレス交換しときましょうか。一度こちらにメールしてみてください。(メアド)」

 

こんな感じでメールアドレスの交換をすればいいです。スマホならラインIDの交換とかでもいいと思いますよ。

 

ここまできて、メアドを交換できれば、実際に会うまではもう後1歩のところまできています。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

この記事の関連ページ

ゲイにとってプロフィール作成での押さえるべきポイント
同じ想いをもったゲイ仲間であっても出会い系サイトの中ではライバルになってしまう事があるんです。いかにそのライバルに押し勝つかはプロフィールにかかっているんです。慣れや経験も必要ですが、プロフィール作成は重要ですよ。
ゲイにとって出会い系サイトにプロフィール写真はのせるべきか
出会い系サイトは基本的に写真を載せる方が会える可能性は高くなりますし写真の交換が不要になったり、無駄なやり取りが省けるメリットがあります。なのでプロフィール写真を載せるかどうかは非常に重要なポイントですが、なんか気が引けるといった人もいると思います。
写真を交換して心の準備をしてから待ち合わせる
連絡先を交換してメールのやりとりをしていると、後に実際会ってみようってことになります。そのために出会い系サイトを利用しているのですから。その際に写メを交換しておいた方がよいのかどうかと、待ち合わせするためのアプローチについて解説します。
ゲイは待ち合わせ当日にホテルでセックスするのか
ゲイのお相手と出会うために利用する出会い系サイトでメアド交換と写メ交換を澄ませたらあとは会う約束をして、会うだけです。実際に会えたら後はホテルに誘ってセックスするだけですよね。自宅でという事もありえます。

サイトマップ
まずはじめに 安全な出会える系 管理人について 出会いに関するコラム