年齢認証が無かったらトラブルに遭います

ゲイのための出会い系サイト入門

出会い系サイトにおいて年齢認証が必要なわけ

ゲイであっても出会い系サイトに登録すると、その後に必ず年齢認証が必要になります。これは「出会い系サイト規制法」という法律で定められています。この法律が出来る前に18歳未満の利用者が勝手に利用して犯罪へ巻き込まれる事がたびたび起こったので、この法律が出来ました。

 

ですので年齢認証がない出会い系サイトは違法サイトということになります。ですので、年齢認証がない出会い系サイトは違法サイトですので、詐欺サイトである可能性が非常に高いので絶対に利用してはいけません。

 

ちなみにゲイであっても男子高生と関係を持てば青少年育成条例にひっかかって逮捕される事になるので、気を付けてください。この条例を利用した美人局的な脅迫も存在するので、絶対に18歳未満の未成年とは関係を持たないようにしてください。

 

携帯認証を既にすましていれば、次にくるこの年齢認証はさすがにちょっと手間がかかるのが面倒なだけで、特に別の意味での抵抗を感じる人はいないと思いますのでサクッとすませてしまいましょう。

 

クレジットカードでポイントを1000円とか購入すればそれだけで年齢認証出来るんで楽なのですが、免許証などの写真のメール添付、これはちょっと面倒なんですよね。 でもこれのルールが法律化されて非常にノンケ男性はありがたいはずなんです。ゲイも似たような理由でありがたい環境になったのです。

 

今はどうかわかりませんが、昔、女子高生の援交とかはやってましたよね。1回10万円とかのブランドがついてましたね。お嬢様高校とかだったらですけど。

 

はい。これ確実に捕まっちゃいます。そもそも犯罪なので絶対やってはいけません。

 

ただ女は未成年という事で合意してお金をもらっててもお咎め一切なしなんです。

 

一方で男性側はもし18歳未満と知らずに、お金のやり取りもなかったとしても、男がアウトなんです。

 

これはゲイの男子高生にもいえる事なんで覚えておいてください。

 

ちなみにゲイの援助交際も実際にはあるわけです。コラムで説明していますが、絶対にやらない方がいいです。トラブルに巻き込まれるだけですので・・・。年齢認証のない無料の掲示板とかを使うとそういうトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

 

とはいえ日本の国会議員も若い男の子と援交しちゃってるんですけどね
政治家の援助交際

 

ま〜未成年と関係をもつと、いろいろトラブルに巻き込まれるわけですよ。芸能人も相当やられてますよね。

 

極楽とんぼ山本の合意してハメたらハメられたケース

あいつ何で消えて、今何してるんだってふと思う人も多いと思います。そもそも週刊誌ではデリヘル嬢、援交少女と言われていた女の子と合意の上で関係を持って、別れ際にも笑顔で別れたら、なぜか被害届が出されたという、本人からは真実が語られていない話(保護されるべき未成年の特権を騙すことに悪用出来る事って怖いと思います。生活保護とかもそうですけどね・・・)

 

AKB高橋みなみの母親の無理やりヤラれた方が逮捕されるケース

これは15歳にして既にクズな少年がなぜか年増にせまってやっちゃったんだけど、その事とは全く関係ない傷害とかの逮捕での取り調べ中に、全く関係ないことを自慢げにしゃべって自分が脅迫して迫った相手を巻き込むという悲惨なケース。ほんと死刑にでもして欲しいって感じですね。

 

130R板尾も18歳と聞いていた少女が実は14歳で、これまた別件での逮捕時にぽろっと関係ない事を言って巻き込まれたって話があります。(14歳はちょっと・・・見た目でさすがに嘘はわかってたんじゃないの?とは思うけど・・・)

 

悪夢のパターンその1

大学生や二十歳前後の時なら、18歳や19歳の女の子と出会い系で知り合うのも十分ありと思いますが、年齢認証が無かったら、実は17歳だった女の子が年齢詐称で出会い系サイトに登録していて、相手とエッチして、その後なんか別の事件で逮捕されて、出会い系でこんな人と会ってエッチしたって言ったら・・・その相手の男って、逮捕ですよね。故意・悪意に関係なく逮捕され、新聞報道などされたりすると、仕事はクビで人生棒に振ります。

 

悪夢のパターンその2

その他のパターンとして、17歳の女の子が年齢詐称で出会い系サイトに登録して、相手を見つけてエッチしました。ま〜若い頃って友達に話しますよね。友達がたまたま親に話して、友達の親から年齢詐称の親に話が行くと・・・。当然警察行きになってアウトです。多分、男の年齢が高ければ高いほどアウトでしょうね。
(多分、17歳同士とかだと男が逮捕されることはないと思うんで・・・。17歳と18歳とかだと普通に自由恋愛の範囲だと思えるし)

 

悪夢のパターンその3

ゲイにも美人局的な詐欺師がいます。年齢認証が無いサイトを使うと、セックスした後にその本人とは違う関係者から電話があって、あなたが相手したのは未成年なんだぞと・・・。未成年自体が嘘の場合もありますが、年齢認証のシステムがなかったらこちらも確認の取りようがないですよね。脅されて泣き寝入りなんてことにもなりかねません。

 

ちなみに一度お金を払うと破産するまで脅され続けて最終的に警察に行く羽目になってお金も残らないので、払うなら最初から警察に相談しましょう。

 

証明書での年齢認証

さすがに自己申告だけでは、以前のように嘘をついて登録しようとする人がでてくるので、きちんと年齢の確認をとれる方法によって認証が行われています。

 

大手の出会い系サイトは365日24時間サポートのところもあるので、免許証や健康保険証を携帯で撮影し、名前や顔や住所などの個人情報の部分を黒塗りや白塗りで画像処理した後に運営に送付すると、すぐに認証しましたと連絡がきます。

 

と、ま〜年齢認証は多少面倒でも法律で決まっている事ですし、ある程度厳格に認証が行われないと、とても怖いことになるってことです。

 

なぜ年齢認証が必要なのか分かったと思います。

 

年齢認証がある事によって我々は守られているわけです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

この記事の関連ページ

ゲイが出会い系サイトを使う目的
出会い系サイトの目的はゲイのパートナーを見つけたり、セックスする相手を探したりするのが目的です。彼氏を探す事だってできます。ゲイにっとっては普段の日常では出会いが探せないから出会い系サイトにみんな集まってくるのです。
出会い系サイトの仕組み
ノンケ用の出会い系サイトを利用してゲイパートナーを探しますので、基本的な使い方はどの出会系サイトも同じです。自分のプロフィール作成をした後にメッセージの交換やチャットなどでお気に入りの男性を見つけます。その後は連絡先交換して待ち合わせするだけです。
出会い系サイトに入会する時の携帯認証
出会い系サイトに登録する際に、最初に必要となってるくる携帯電話番号認証というものがあるのですが、人によってはちょっと抵抗があるかもしれません。でもこれってユーザーを守る大切なシステムなんです。
運にも左右されるゲイの出会い系サイトでの出会い
さて出会い系サイトの基本的な部分や仕組みがわかってきたら、今度はゲイのパートナーを見つけるために出会いのチャンスを広げていきましょう。そのためには、自分の置かれている環境を理解して整理しておくのがよいです。

サイトマップ
まずはじめに 安全な出会える系 管理人について 出会いに関するコラム